What's Maltimedia ?
マルチメディアって何?
マルチメディアとは、こんなもの
ホームページ構築制作の心得,
指針,説明,解説,講座

マルチメディアとは?
人は何かに刺激を受けます。その何かを、表現し伝えてくれるもの
媒体と言えるでしょう。

インターネットとは?
人は、誰でも知りたい見たい何かがあります。その何かを与えてくれるものと
いえるでしょう。瞬時に世界的な規模で眼と耳と意識で知覚する情報認識の
手段です。そして、それは非常に人間的なものです。

検索とは?
その、何かが、何処にあるかを教えてくれるものと言えるでしょう。

favorite sites:   bbc,  intel,  cisco,  oracle,  oracle people,  fujitsu,  nec,  sharp,  hitachi, 
toshiba,  toshiba,u.s.a.  sony,u.s.a.  toyota,u.s.a.  ibm,  lotus soft,  microsoft  sql sv 2005, 
symantec,  emc,  eds,  deloitte,  hp,  dell,  tokyo university, 


マ ル チ メ デ ィ ア 社 会 の 誕 生

マルチとは、あらゆるとか、すべてという意味であり、メディアとは媒体のことである。媒体とは新聞や書籍、雑誌、テレビ、ラジオ、CATV、電話、有線放送など各種各様の情報の発信母体のことを意味する。厳密に個々の媒体を取りあげれば、新聞その他出版物の各紙面そのもの、テレビやラジオであれば、ブラウン管やスピ−カ−そのもの、音楽CDやCD−ROM、ワ−プロ、FAX、ビデオ、写真、アニメやコンピュ−タ−グラッフィック、レコ−ド、テ−プ、街の看板であれば広告塔とその広告スペ−ス、店名、商品名、ブランド名、会社名やそれらの内容を表示しているスペ−スそのもの、あらゆるブランド商標や広告など、消費者に対して、何らかの「情報」を伝えようとして情報を発信しているものを媒体という。現代では、このようなあらゆる情報の発信母体である媒体が扱っている情報をもっと厳密に分析すると、文字、映像、音声というメディア(媒体)に集約されてしまう。これらの情報、即ち、文字や映像や音声に関わる、ありとあらゆる「メディア」の全ての情報を「デジタル化」することにより、パソコンの多重応用作業を通じて扱い、情報処理し整理統合し、ネットワ−ク(通信網)を通じて、それらの情報を目的に応じて送受信することにより、効率的に、情報の共有化が進んでいる。いろいろな情報を一方的に受け取るだけでなく、情報と対話しながら「主体的」に関わることにより双方向性(インタラクティブ)対話型の情報のやりとりができるようになってきている。この様な現実、社会環境をマルチメディア社会という。

マルチメディア 成長の経緯と意義

日常生活、社会生活、ビジネス活動、教育、福祉、政治、経済、国際社会には、ありとあらゆる種類のさまざまな内容を秘めた「情報」が洪水のごとく存在している。そのような情報が、「デジタル化」され、コンピュ−タ−で処理され、「統合」された情報として整理されれば、目的に応じて「情報」を生かし、効率的、効果的に、自主性を持って利用していける。

マルチメディアとは、新聞、書籍、雑誌、テレビ、ラジオ、CATV、電話をはじめ、官公庁、図書館、博物館、その他公共機関、政治、経済、ビジネス活動、教育、福祉、社会生活、国際社会に関わるありとあらゆる情報を「デジタル化」して統合し利用すること。即ち、全てのメディアに関わる情報をデジタル化してコンピュ−タ−で扱い処理をする。そして、処理をしながらより便利で豊かな社会をつくろうという時代の流れそのもののことをも意味しているのである。

時代の流れは、変革の歴史であり、絶え間なく、社会も経済も変化しながら生きている。かつて機械産業と電子産業の融合が、エレクトロニクス革命を生んだ。そして、今、既存の「メディアのあり方」だけではなく、社会構造まで変えてしまうパワ−を持った「マルチメディア革命」が、世界中の国々で進行している。当然、従来の「メディア」の概念も、産業構造も大きく変化するだろう。かつては、専門家のものだった「コンピュ−タ−」が、日常の「道具」となり、メディア革命が現実のものになろうとしている。マルチメディアは、ネットワ−ク(通信網)の果す役割が大きい。デジタル化された、さまざまなメディアを光ファイバ−などでネットワ−クすることで初めて、本来のマルチメディアは実現する。アメリカでは、全土を光ファイバ−で結ぶ「情報ス−パ−ハイウエイ構想」が打ち出され、日本でもNTTが、「B−ISDN構想」を進めている。2000年までには、幹線通信網は光ファイバ−になり、2010年までには、各家庭にまで入り込む。

マルチメディア実現のカギは、ネットワ−ク通信網とコンピュ−タ−の技術的進歩だが、どこでも誰でもが簡単に使えるように技術改良されたパソコンを効果的に動かす為に開発されてきたソフトが充実しないと、マルチメディアは一般に普及しない。デジタルネットワ−クはマルチメディアを使いこなす人のために張り巡らされる。このネットワ−ク時代にふさわしい、使いやすいソフトをいかに、たくさん生み出すかが、重要な課題となる。マルチメディアに振り回されるのではなく、人がそれをどう使いこなし、役立てていくかが、究極の問題である。

マルチメディア革命の実現

マルチメディアとは、すべてのメディアとメディアに係わる情報をコンピュ−タ−で処理することといえる。マルチメディアを支える技術の柱となるのが、文字、画像、音声などを組み合わせて一元的に扱えるようにするコンピュ−タ−の技術である。この技術を生かすには、文字、映像、音声などの全てのデ−タという情報をデジタル化することが、必要不可欠なものとなり、デジタル化が実現してくるとデジタルネットワ−ク通信網を通じて、双方向性対話型のデジタル情報のやり取りができるようになり、マルチメディア革命が進行していく。マルチメディアを知るキ−ワ−ドは、デジタルである。

  1. 高度化したコンピュ−タ−とその技術

    メディア統合の主役はコンピュ−タ−である。コンピュ−タ−の性能はビットなどの単位であらわされる。この数字が大きいほど、コンピュ−タ−の計算能力も大きくなる。1950年代の大型コンピュ−タ−の計算能力は、だいたい1秒間に1000回ぐらい。1960年〜1970年代にかけて、その1000倍の1,000,000(100万)回となり1980年〜1990年代にかけて、またその1000倍の1,000,000,000(10億)回と性能がアップ。次の世紀にはその1000倍、何と1秒間に、1,000,000,000,000(1兆)回も計算できるようになるらしい。この数字は、コンピュ−タ−の中でも最も速い、ス−パ−コンピュ−タ−の数字である。

    現代、我々が身近に見るパソコンという小型コンピュ−タ−の性能は、一昔前の大型コンピュ−タ−並みの1秒間に100万回の計算能力、記憶能力では10億という数字を実現しているのである。かつては単なる計算機」であったコンピュ−タ−の処理能力が向上するにつれて、文書作成編集、作曲、絵を描くこと、スケジュ−ルや、住所録の管理などができるようになり、今や、文字だけでなく、音声や映像を扱えるようになり、特に、膨大なデ−タ量を持つ動画については、コンピュ−タ−の性能の向上と画像を圧縮してしまう新技術により、パソコンでも「動画像」を扱えるようになってきた。つまり、パソコンがさまざまなメディア(文字、映像、音声)などを一元的に扱えるようになってきた。一元的とは、性質の異なる情報を同時に多重的に、ということであり、しかも快適に扱うにはコンピュ−タ−しか、ないのである。ここで重要になってくるのが、「デジタル」という概念である。

  2. デジタル化 − 情報を全てデジタルデ−タに変換する

    コンピュ−タ−で情報を処理するには、デジタル化が絶対必要条件となる。現在テレビで扱っている音声や映像は、アナログ情報であり、連続した「波の形」をしたアナログ信号で、デ−タが送信され、各端末のテレビで受信されている。デジタル化とは、それらのアナログ信号を細かく区分し、数値化する。つまり数字の形「0」と「1」の組み合わせに置き換えて処理をすることで、アナログ情報を数値化した二進法のデジタル情報に変換することをいう。

    アナログ情報デ−タは、一方的に連続した波形をもって送信され、受信されるので、デ−タ送信中に、いったんストップして、別の情報に対して同時に関わったり、それらの情報を、こちらから主体性を持って操作することができない。ところが、デジタル化されたデ−タは、このようなことが簡単にでき、瞬時に画面を切りかえたり、見たい情報を検索したりできるのである。デジタル化とは、具体的には、波の形が「0」と「1」という数値に置きかえられ、電流の「ON/OFF」、すなわち電流が、流れているか、いないか、という2つの組合せに変換されることである。コンピュ−タ−は、この「ON/OFF」の膨大な積み重ねで情報を「数字の羅列」として処理しているので、全ての情報が一元的に処理されて、文字、映像、音声などが、デジタル化された情報=数値化した情報として統合して扱うことができる。デ−タの収録から送受信、放送に至るまですべてがデジタル化されて初めて、マルチメディアの環境が整備されることになる。

  3. 双方向性の対話型(インタラクティブ=Interactive)

    マルチメディアにとって、デジタルと同様に重要な要素が、インタラクティブ(双方向)という概念である。双方向性とはアクションAction に対してリアクションRe−Actionできること、即ち、情報の発信者と受信者がお互い逆の立場にもなれることで、必要や欲求に応じて情報の受信者が、画面と対話しながら情報の発信者に対して画面上からその情報に関わっていけるということである。現代のテレビの映像と音声は、アナログ伝送された情報で波形の連続帯のかたちで一方的にテレビ局から情報が連続して送られてくる。これだと、私たちは、テレビ画面をただ見続けることしかない。こちらから画面の向こうのTV放送局に対して、画面を見ながら電話で話すようにリアルタイムで主体性をもって問いかけることはできないのである。

    ニュ−スでわからない言葉がでてきても、TVのアナウンサ−にその意味を聞くこともできない。しかし、テレビから送られてくる情報が「デジタル化」すれば、利用者がわからない言葉を入力すれば教えてくれることが可能になる。テレビ映画の場合も、途中で主演女優のプロフィ−ルを画面に呼び出したり、監督やカメラマンの情報を、呼び出すこともできるようになる。デジタルネットワ−クを利用して、自分が知りたい情報を選択して、検索も可能となる。デジタル技術を利用すれば、情報を一方的に受け取るだけではなく、画面に出てくる情報と対話しながら主体性をもって、情報に関わることが、スム−ズに実現できるようになる。

  4. デジタル通信網の完備

    マルチメディアを支えるもう1つの重要なファクタ−(要素)は、デジタルネットワ−ク(通信網)の完備である。必要な情報を、必要な時に送受信するには、通信網が欠かせない。しかも、 時間をかけないで、早く、スピ−ディ−に情報をやりとりするための通信回線の品質が重要なこととなる。従来の電話回線に使用されてきた銅線に代わる光ファイバ−の通信網の完備が待ち望まれている。家庭やオフィスのパソコンの端末と、企業や公共機関、銀行、病院、学校、新聞社などのデ−タべ−スなどを、光ファイバ−によるデジタルネットワ−クで結ぶことが、マルチメディア実現の大きな要素となるのである。欲しい時に、欲しいだけの情報が引き出せる。それを自由自在に利用活用できる社会が誕生するのである。こうなれば、本当のマルチメディア革命が現実となる。

    現在の「アナログ情報」を、電話回線上で、デジタル化した「デジタル情報」として送信すると、 1秒間に、現在の約3倍のデ−タ量が送受信される。 ここで、「デジタル化された情報量」を 比べてみると、電話の情報を1とすると、音楽は約10倍の量、テレビは約100倍の量、高品位テレビ(HDTV)では約1万倍の量にもなる。マルチメディア時代には、性質の異なる情報(文字、映像、音声)の送受信時における同時性一元性が必要となる。光ファイバ−通信網ではこれが可能になる。超大量のデ−タ通信が瞬時にできるからである。通信網のデジタル化は、日本ではすでに10年前から開始され、1997年までに電話回線がすべてデジタル化。 そして、2010年頃には、光ファイバ−が各家庭を結ぶようになる予定。これがNTTのB−ISDNネットワ−ク(高速・広帯域ネットワ−ク)である。光ファイバ−ケ−ブルは、従来の電話回線の銅線の何千、何万倍の情報を伝送できる。マルチメディアで利用する光ファイバ−は、扱える情報がこれまでの数万倍だから、従来のTVやラジオ放送などもすべてこの光ファイバ−に乗せることができる。まさに、すべてのメディアが光ファイバ−1本で扱えるようになるのである。これは放送と通信の融合ということになる。

    光ファイバ−通信回線網が、マルチメディア化されたパソコンやテレビを結ぶ。音声だけの会話から音や映像や文字を自由に組み合わせたまったく新しい会話ができる。これがマルチメディア革命である。すべてのメディアが「デジタル」というキ−ワ−ドで統合されることで、メディア間の「互換性」が出来あがる。音声で入力したものが文字になり、文字で入力したものが、映像になるということが可能になる。音声パタ−ン認識技術、自然言語理解技術、オブジェクト処理技術などが、それらを可能にする。その国の言葉を話せなくても、世界中の誰とでも会話ができるようにもなる。時代は、劇的に変化し始めているのである。この変化をどう生かすか、それが21世紀に生きる私たちの課題であろう。

  5. 知的に生きてこそ、豊かな人生

    マルチメディアを理解し、よく知り、その社会に、意欲的に生きてこそ、豊かな人生が生まれる。マルチメディアネットワ−クをより高度に、より創造的に使ってこそ、私達の「知的活動」が向上することになる。同時に、マルチメディアネットワ−クの価値も高まっていく。その為には、パソコンを起動操作し、コンピュ−タ−機能を効率よく働かせること、しかも誰でもが簡単に扱えるようにすることが重要である。そのためには、パソコンの操作性の良さが重要となる。パソコンが、テレビや電話やファックスのように、誰にでも扱えるようになった時、マルチメディア社会は飛躍的に成長するだろう。しかしながら、ここに、新たな大きな問題が生まれてきている。

    誰にでも簡単にパソコンが扱える様になったときこそ、一人一人の「人間性」がパソコンの利用活用の仕方を良くも悪くもし、有意義にも無意味にもし、マルチメディア社会そのものまで良くも悪くもしてしまうという可能性があるからである。その問題とは、人間の基本的な要素でありバランス性が問われる知性、理性、感情、本能のあり方、それらの使い方である。そして使い方次第で、より知的に、より高度に、より創造的に、自分と他の人々のために真実役に立つように、マルチメディアや、インタ−ネットや、パソコンを使うか否かが決まってくるのである。ヌ−ドやセックスや女、遊びやレジャ−やゲ−ム、娯楽やスポ−ツや賭け事や、ショッピングばかりに、パソコンを使う時間とエネルギ−のほとんど全てを費やすことしかない場合、真実知的で豊かな生活をしているとは言えないし、創造的とも言えない。また人間性の進歩向上浄化とも霊性の進歩向上浄化とも言えるものでもない。つまり、理想的には、現実のあらゆる事がらに対して片寄ることなく知性、理性、感情、本能を、バランス良くはたらかせて関わっていくこと、自分の知らないことを1つでも知りたい知っておきたいと思う「意識」を持ち、知ろうと謙虚に努力することが、政治や経済やビジネス活動を、そして、個人生活をも、知的でより高度化した豊かなものへと変化させていくのであろう。

    現代及び未来は、誰もが日常生活で、銀行のオンラインシステムやス−パ−マ−ケットや百貨店や薬局などでの買物時に見るバ−コ−ドや、ポケベルや携帯電話や、ファックスなどを通じてすでに体験している通り、情報処理に関しては産業界を含めてコンピュ−タ−社会そのものである。マルチメディアの時代とは、パソコンを自由自在に多目的にあらゆる年層の人々が、簡単に気軽に利用する時代をいう。パソコンとは、パ−ソナルコンピュ−タ−のことで、コンピュ−タ−は、もともと複雑でかつ精密な計算を行うために人間が開発した電子頭脳を組み込んだ機械であった。当初は軍事利用のための超高度計算をするために開発され、やがて産業界が利用するようになり、ごく一部の専門家しか使えなかったコンピュ−タ−が、今では誰もが、自由に個人(パ−ソナル)のための目的で使用することができるような、小型のコンピュ−タ−が開発されて、「パソコン」と呼ばれるようになったのである。小さな子供でもゲ−ムソフトを利用することにより、簡単にパソコンを楽しむようになってきている。遠く離れた地方の農家の人々が、今やインタ−ネットを利用して、都会の人々との関係を深めて大きな「生きがい」を見つけ、広い社会との親密なつながりをどんどん広げ、知的に向上した日々を送ることができるようになってきたのである。

    パソコンとは、計算機能を超え、文字、画像、音声、動画が混在する文書を自在に、作成、収録、送受信する機能を持つに至り、パソコン自体を効果的に動かすために開発された基本ソフト(OS)ウインドウズや、マッキントッシュなどによって、子供でも簡単に使えるようになった小型コンピュ−タ−のことをいう。コンピュ−タ−(Computer)と通信、とりわけパソコン(Personal Computer)とパソコン通信は日常語であり、ありとあらゆるところで耳にする。”わからない”、”わからないから知ろうとしない”、という生き方は、電話やファクッスを利用する生活を、”わからない”、”わからないから使わない”と言っているのに等しいのである。コンピュ−タ−社会とは、マルチメディア時代とは、人類文明の1つの時代のすでに存在している現実の姿なのである。

    マルチメディアに対する正しい概念、デジタル情報及び、双方向性対話型デジタル情報の送受信、デジタルネットワ−ク(通信網)の概念と利用方法、パソコンを使用するための最低限の知識を「知る」必要がある。何故ならば、ありとあらゆる文字、映像、音声にかかわる「情報」が「デジタル情報」として、広く一般社会で、利用活用される時代の中に、私達は、すでに生きているからである。

マルチメディア時代の到来

1980年代に入って、アメリカでマスメディア(Mass Media)をはじめ、さまざまなメディアから、一方的に発信されてくるニュ−ス、広告、物語、クイズ、ドキュメンタリ−、娯楽、スポ−ツ、ドラマ、学問、芸術、レジャ−に関する文書、コピ−、画像(静止画)、映像(動画)、色彩、音声などのさまざまな情報デ−タに対して、それらの情報を受身的に消費する一方の「情報の消費者」であり続けてきた人々を「情報の発信者」にもすることのできる技術が開発され、作り出されてきたのである。その技術が、ウインドウズ 95や、マッキントッシュなどに代表されるコンピュ−タ−を起動させる基本ソフト(Computer Soft)群であり、パソコン(Personal Computer)による「情報収集」と「情報処理」と双方向対話型(インタラクティブ=Interactive)の「情報伝達方式」と一体となった「技術群」となってきたのである。そして、これら「技術群」は、高度な内容を秘めているが、誰でもが、簡単に利用できるように全てが用意されてきているというところに、マルチをディア時代の到来がある。このように進化したコンピュ−タ−、パソコンとソフト群、そして、デジタル通信ネットワ−クは、またたく間に世界中に広がり、日本にも深く浸透してきているのである。

現在が、すでに、そして未来がマルチメディア時代なのである。いろいろな情報を伝え合うためには、通信網ネットワ−ク(Network)の拡充が不可欠となろう。 さまざまな種類の情報は、それぞれ異なる情報量があり、それらを受身一方ではなく、莫大な選択肢の中から、主体的に各自の目的に応じて必要な時に必要な情報を引き出して利用する。しかも、いろいろなサ−ビス形態で利用できる。このようなことを可能にしてくれるのが、マルチメディアネットワ−ク(Multi Media Network)である。お互いの情報デ−タをやりとりするには、2つ以上のコンピュ−タ−を通信回線(たとえば電話回線)で結ぶことから始めなければならない。これが、コンピュ−タ−ネットワ−クである。このネットワ−クの利用の仕方によって、さまざまなマルチメディアネットワ−クが成立するのである。つまり、コンピュ−タ−ネットワ−クの多重応用作業が、パソコン同志のネットワ−ク化を生み、いろいろな形態やスケ−ルのLANやイントラネットを生み、更にネットワ−クのネットワ−クを生み、そして世界的規模のネットワ−クのネットワ−クヘと進化をとげたものが、インタ−ネットとなったのである。

マルチメディアパソコンによる各種情報のやりとりが双方向対話型に変化してきたおかげで、情報処理の仕方がより高度に進化し、日常生活の中で情報というものを、より創造的に利用できるようになり、知的活動の進歩向上が生まれてきたのである。情報が人を知的に変化させ、社会構造そのものまで変化させてしまう。人々が自主性、自発性、主体性をもって情報に対処するようになる。パソコンがテレビや電話のように日常生活であたりまえの道具となる。この様な社会を「マルチメディア社会」という。これ即ち、産業社会の後にくる「高度情報社会」のことをまさしく言い表わしているのである。

マルチメディアがもたらす可能性

  1. 情報収集及情報処理の驚くべきスピ−ドアップの可能性

    1台のパソコンの前に居ながらにして、世界を体験、あらゆる情報を体験、必要な情報の統合整理、それらの効率的、効果的利用が、全ての社会活動、企業活動、政治活動に於けるディシジョンメイキングと運営管理をスピ−ドアップし、豊かにする。

  2. 情報発信の新しい表現の可能性

    デジタル情報化したデ−タの多重応用作業により、文字、画像、音声、動画の混在する文書情報の表現の豊かさ。映像の3次元処理ができる。

  3. 情報の取扱いに関する新しいコミュニケ−ションの仕方の可能性

    1台のパソコンが、世界に向っての放送局、新聞社、出版社のような働きを可能にしてしまう。 情報を人に認知させる方法、手段の変化にともなう新しい訴求効果が、さまざまな形で生まれてくる。双方向対話型、Interactiveな情報の受信、発信。

  4. 情報の取扱いによって新しい産業出現の可能性

    パソコン、デジタル、光ファイバ−関連企業の発展とそれらの高度利用に係る新事業 放送、通信、映像の融合による巨大産業、ビジネス形態の変化が生まれてくる。 多国籍分業製造業、生産品のより効率的なマ−ケティングと流通システムの構築、大量生産、大量消費から必要なものを必要なだけ生産するビジネスから、新しい広告宣伝活動とその事業と新しい商取引先の自由な開拓が可能になる。

  5. 情報の高度処理により新しい社会の可能性

    情報の受身から、主体性をもって自発的に情報を扱う。 情報の発信者に人々を変えていく、人間関係の広がり、知的生活の向上、創造性の進化、国際感覚の修得に貢献。

日本では、平成12年5月7日現在、IT革命が進行中であり、コンピューターウイルスや、
ビジネスモデル特許の脅威、E - ビジネスに関わるいろいろな新たな諸問題が次から
次へと生まれてきて、解決策が検討されてきている状態です。より詳しい事柄は、一人
一人が個人的に勉強されることしかありません。ここでは、これからインターネットを始め
ようとしておられる方々と熟練者の方々に、最も原理的な事柄を記述致しております。
p.s. IT革命の ITとは、Infomation Technology の略語です。

What's New:  Web Design の大切さの解説

Web Energy Bird Net Home
Webird English Home 1   Webird English Home 2

Spontaneous, Inc.(spinc) Home
スポンテイニアス社(spinc) ホームページ

会社その他法人用ホームページ構築、制作、運営、管理に関する価格情報
Web Design, Home Index pages, price information

       Vhlc Homepage School
☆ VHLC ホームページ スクール ご案内 ☆
  We'll guide you all right, and furnish you
   with a reasonable/beautiful Homepage.
 ご納得のいく機能的なホームを創作いたします。 ホームページ構築制作
本格的本物の
Homepageをおのぞみ
の時はご覧下さい。

 Webird, Kenji Hashimoto 橋本健二 国際人
   Multi/Intervenient/Versatile Creator
   Motivational Web Design, Psychology
       ☆ Art & Science ☆
       アート アンド サイエンス
   Multi/International/Artistic/Colorful/
  Realistic/Intelligent/Integral Web Design.
Architectural/Delicate/Sensitive/Intervenient/
   Versatile/Creative Html Frame Layout.
    Humanistic/Educational/Interactive/
  Attractive/Beautiful/Functional Contents.

homepage stylist
web design stylist
HP Stylist
new web design concept
ホームページ スタイリスト
Webデザイン スタイリスト
HP スタイリスト
新しいWebデザイン概念
New Web Design Concept ホームページ スタイリスト Homepage Stylist、Webデザイン スタイリスト
Web Design Stylist としての考え方が必要です。何故?

Web Design、Webデザイン、ウエッブデザインの 基本概念解説
by Kenji Hashimoto, Webmaster, Webird, Web Design Consultant
Wisdom of Web Design, International, 国際感覚 SEO Pro プロ webサイト企画設計デザイン

Webird net home menu
October 1, 2014
All rights 2014 are reserved by webird
net site top Home Page (webird)

Japan, IT development        impotance of contents
what's hot
Profile: former Prime Minister, Jyunichiro Koizumi


WEBIRD:  Web Energy Bird Net  (Webird)  Website Head Office
Spontaneous,Inc. & Madison International Marketing,Inc. Webird Marketing, Inc. Head Office
Kenji Hashimoto VHLC School Head Office
secretariat@webird.ne.jp

Webird: ウエッブエナジーバードネット  サイト本部 VHLCスクール本部
スポンテイニアス社. & Madison マディソン国際マーケティング社. ウエッバード流通本部:
secretariat@webird.ne.jp